Is this love

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Is this love
globeシングル
初出アルバム『FACES PLACES
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
レーベル avex globe
作詞・作曲 小室哲哉
プロデュース TETSUYA KOMURO
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年9月度月間2位(オリコン)
  • 1996年度年間43位(オリコン)
  • globe シングル 年表
    FREEDOM
    (1996年)
    Is this love
    (1996年)
    Can't Stop Fallin' in Love
    (1996年)
    テンプレートを表示

    Is this loveイズ・ディス・ラヴ」は、globeの楽曲及び、6枚目のシングル1996年8月28日発売。発売元はavex globe

    解説[編集]

    PVはアメリカアリゾナ州で撮影され、数台のヘリコプターの空撮も含むスケールで気温42度・湿度0%の中で4日間行われた。総額1億円という破格の撮影費が投じられた[1]

    オリコンチャートでは1位を獲得し、「DEPARTURES」以来、通算3作目の首位獲得となった。

    1996年5月下旬に安室奈美恵SWEET 19 BLUES」と同時進行で制作した。「ヘソ出し・ミニスカートを止めて、パンツルックになった女の子」「肉体を隠して、内面を出そうとしている女の子」という共通のコンセプトを持っている[2]

    同年7月にロサンゼルスの当時の小室の自宅兼スタジオで仕上げられた。KEIKO・MARCは「ピアノを囲んで3人でお酒を飲みながら、少し経った後には商品として完成していた」と驚き、小室は「思いつく限りの実験的な演出を短時間で詰め込むことが出来て、楽しんで作れた」と振り返っている[1][3]

    2016年6月29日テレビ東京で放送された『テレ東音楽祭(3)』では病気療養中のKEIKOに代わって、神田沙也加がボーカルを務めた[4]

    収録曲[編集]

    1. Is this love (STRAIGHT RUN)
      Written by TETSUYA KOMURO & MARC
      Composed & Arranged by TETSUYA KOMURO
    2. Is this love (CLUB BOURBON MIX)
    3. Is this love (INSTRUMENTAL)

    収録アルバム[編集]

    Is this love

    出典[編集]

    1. ^ a b 角川書店刊「CDでーた」1996年9月20日号16P-17Pより。
    2. ^ マガジンハウス刊『POPEYE』1997年1月10-25日合併号148P-151Pより。
    3. ^ 学習研究社刊『CD HITS!』1999年10月号148Pより。
    4. ^ 神田沙也加とのコラボにglobeファン絶賛「また聴きたい」”. エキサイトニュース. 2016年7月6日閲覧。

    外部リンク[編集]