Inbound Port 25 Blocking

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Inbound Port 25 Blocking(IP25B)はインターネットサービスプロバイダ(ISP)のメールサーバが動的なIPアドレスから送られてくる電子メールをブロックする手法。

概要[編集]

この方法は、スパム(迷惑メール)を受け取らないようにする目的で多用されるようになった。

一般個人のプロバイダ契約で多く利用されている、動的な(固定でない)IPアドレスに対して、ダイナミックDNSを用いて独自ドメイン名のメールサーバ(自宅サーバ)を稼働させ、ここからメールを送信すると、宛先ISPがIP25Bを導入している場合、この影響を受ける。

対処方法[編集]

宛先ISPがIP25Bを導入している場合、送信元の独自ドメインメールサーバが接続されている回線契約を固定IPアドレスの契約に変更しない限り、対処方法はない。

固定IPアドレスの契約にしない(できない)場合、独自ドメインメールサーバを外部のホスティング業者のサーバに移し、OP25Bの対処の方法であるポート番号587を指定して、外部のメールサーバへ送り込む方法しかない。

IP25Bが導入されているインターネットサービスプロバイダ[編集]

関連項目[編集]