FeliCaポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
VAIOのFeliCaポート
USB接続の外付けFeliCaポート "PaSoRi"

FeliCaポート(フェリカポート)とはソニーが開発したICカードシステムである、FeliCaを利用したICカードおよびおサイフケータイ上のデータをパソコンで読み書きするためのシステムである。パソコンに内蔵するタイプとUSB端子で外付けするタイプがあり、後者はFeliCaポート/PaSoRi(パソリ)と呼ばれる。

主な仕様[編集]

データを読むICカードは、FeliCaの技術を利用したSuicaをはじめICOCATOICAPASMOPiTaPanimocaはやかけんSUGOCAKitacaおサイフケータイeLIOカードEdyカードが対応している。FeliCaポートだけでは残高確認が出来ず専用のソフトが必要となる。 専用のソフトは、ソニーのFeliCaのページやパソコンにあらかじめインストールされている。

出来ることとしてEdyカードやおサイフ携帯の残高照会やチャージ、交通乗車券(Suica・ICOCA・TOICA・PASMO・PiTaPaなど)の利用履歴・残高などが確認できる。パソコンを起動するときにパスワードの代わりとしてかざすだけでログオンが出来る。提携店舗でのネットショッピングの支払いをおサイフケータイ、eLIOカード、Edyカードで出来る。

開発環境[編集]

FeliCaポートを使用したソフトウェアを開発するためにはSDK For FeliCaが必要である。SDK For FeliCa には以下のバージョンがある。

Lite
平文通信を利用したアプリケーションを開発できる。
Professional
セキュリティ機能を利用したアプリケーションを開発できる。
Enterprise
上記機能に加え、カードの発行(フォーマット)機能を備える。

なお、SDK For FeliCa は法人向けであり個人では購入することはできない。個人レベルで FeliCa 対応アプリケーションを開発するものとして felicaliblibpasori が有志により開発されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]