Fast Library for Number Theory

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FLINT
開発元 ウィリアム・ハート (William Hart)
最新版 1.5.0 / 2009年09月23日(4年前) (2009-09-23
プログラミング言語 C言語
対応OS POSIX 準拠のシステム
種別 数論
ライセンス GNU General Public License
公式サイト flintlib.org
テンプレートを表示

The Fast Library for Number Theory (FLINT)数論の計算を行うために高度に最適化されたC言語ライブラリである。現在 FLINT は多項式の計算や二次ふるい法 (en) などを実装している。FLINT は GNU MP を利用するように作られており、GPL にしたがった利用、再配布などが行えるようになっている。開発はウォーリック大学ウィリアム・ハート (en) およびハーバード大学デイビッド・ハーベイ (en) によって行われており、PARI/GPNTL に迫る演算速度を目指している[1]

今後の開発[編集]

FLINT のバージョン 1.x 系列は 1.5.x が最終安定版、1.6.x が最終開発版になる予定である。現在 FLINT-Lite という名前で、スレッド・セーフおよび 64 ビット対応などの開発が行われており、これが FLINT 2.x 系列になるとされている。

脚注[編集]

  1. ^ ウィリアム・スタインによる sage の予算申請書類 UW 2006 COMPMATH Proposal の文書 Project Description の 10 ページ目