FIPS 201

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FIPS 201(Federal Information Processing Standards Publication 201)は、連邦政府の職員及び請負業者のための個人識別情報の検証(仮訳:Personal Identity Verification/PIV)の要件を規定する米国連邦標準規格である。

HSPD-12(Homeland Security Presidential Directive 12/仮訳:国土安全保障に関する大統領指令)[1]に応え、NIST コンピュータセキュリティ部門は連邦政府施設や情報システムへとアクセスするための、連邦政府職員及び請負業者の識別並びに認証を改善する新しいプログラムを開始した。連邦政府の職員及び請負業者のための個人識別情報の検証(仮訳:Personal Identity Verification of Federal Employees and Contractors/PIV)と題した連邦情報処理標準 201は、HSPD-12の技術的要件を満たすように開発され、商務長官が承認して2005年2月25日に発行された。

FIPS 201はNIST SP 800-78(Cryptographic algorithms and key sizes for PIV/仮訳:個人識別情報の検証のための暗号化アルゴリズム及び鍵長)とともに、米国連邦政府機関への要件となっている。しかし、米国の国家的なセキュリティシステムへは適用されない[2]

スマートカードに関する省庁間諮問委員会(仮訳:The SmartCard Interagency Advisory Board)はFIPS 201 PIV IIに適合するため、米国政府機関はスマートカード技術を使うように指示してきた[3]

参考文献[編集]

  1. ^ HSPD-12
  2. ^ NIST SP 800-78 Cryptographic Algorithms and Key Sizes for PIV
  3. ^ IAB Interagency Advisory Board

外部リンク[編集]