Eventbrite

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Eventbrite
Eventbrite Logo Small.png
種類 株式会社
本社所在地 アメリカカルフォルニアサンフランシスコ
設立 2006年
業種 サービス業
事業内容 チケット販売
従業員数 250-300人
外部リンク www.eventbrite.com
テンプレートを表示

EventBriteは、主催者のイベント計画立案や価格設定を促し、フェイスブックツイッターなど他のソーシャル・ネットワーク・サービスと連携[1]させイベントの宣伝を行うオンラインチケットサービスである。サイト閲覧者はサイト内でもこれらイベントのチケットの購入が可能である。2006年に設立され、カリフォルニア州サンフランシスコに本社がある[2]。主催者のチケット代金の2.5%及びチケット一枚に対し99セントの販売手数料を請求し収入源としているが、無料のイベントの場合は利用料を請求していない。[2] SalesforceやMailChimp、Wordpress、Boomsetなどの団体とAPI利用について提携しており、[3]自社開発のAPIkeyを他のサードパーティーが営利目的で利用することも認めている。[4]

アプリ[編集]

チケット販売数や出席者数などを確認できる“Entry Manager"[5]と、クレジットカード決済によるチケット購入手続き[6]を行える"At The Door"[7]を提供している。前者はiPhone及びAndroidで利用可能であり、利用者ページのリンクに進むことで過去に実施したイベントの詳細や参加者による感想などが閲覧できる。[8]

脚注[編集]

  1. ^ Geron, Tomio. “Names You Need to Know:Eventbrite”. Forbes Online. http://www.forbes.com/sites/tomiogeron/2011/05/02/names-you-need-to-know-eventbrite/#more-851 2012年3月18日閲覧。 
  2. ^ a b Nine Startup-Scaling Secrets from Eventbrite”. Xconomy. 2012年5月6日閲覧。
  3. ^ Eventbrite App Store”. Eventbrite. 2012年8月22日閲覧。
  4. ^ Eventbrite Developers”. Eventbrite. 2012年1月2日閲覧。
  5. ^ Check in attendees with the Eventbrite Entry Manager iPhone app”. Eventbrite. 2012年3月7日閲覧。
  6. ^ Eventbrite Announces its New iPad App that will Revolutionize Ticket Sales”. The Next Web. 2013年4月27日閲覧。
  7. ^ At The Door”. Eventbrite. 2012年3月7日閲覧。
  8. ^ Eventbrite's Easy Entry iPhone App Demo”. YouTube. 2012年1月11日閲覧。