Ene-1 GP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Ene-1 GPとは、大会側から支給される同一コンディションの単三形充電池を動力源とし、ツインリンクもてぎ鈴鹿サーキットで開催される総合的なエネルギーマネジメント競技。

概要[編集]

2011年より鈴鹿サーキットで開催され、その後2012年からツインリンクもてぎでも開催される。省エネルギーマネジメント競技としてはこれまでにもエコラン等が開催されてきており、電気自動車のエコランではワールド・エコノ・ムーブと双璧を成す。 参加チームの顔触れは工業高校や工業大学、工学部等、エコランでの常連が顔を揃える。従来開催されてきたワールド・エコノ・ムーブではかつて豊橋等でも開催されてきたが近年では開催地が減り、そのため参加チームは秋田県大潟村や千葉県、宮城県などと長距離の移動を余儀なくされるため、高校生のチームなどは参加のハードルが上がっていたが、ツインリンクもてぎや鈴鹿サーキットで開催されるため周辺の地域のチームの参加が容易になった。また、使用される車輛はワールド・エコノ・ムーブワールド・ソーラー・バイシクル・レースのSクラスで使用される車輛を流用可能なため、チームにとっても負担が軽くて済むため、歴史は浅いものの、参加チーム数は年々増え、2018年度は128チームにものぼる[1]

歴史[編集]

Ene-1GP SUZUKA
クラス 優勝チーム 合計タイム
2011 KV-1 四十雀 10′32.038
KV-2 紀北工業高等学校 生産技術部 15′49.843
KV-3 チーム四中工 19′42.055
2012 KV-1 チーム"ヨイショット!"ミツバ 20′36.738
KV-2 飯田工業高校原動機部 28′39.724
2013 KV-1 アヒルエコパレーシング東郷 18′42.365
KV-2 飯田OIDE長姫高校 原動機部 20′36.726
2014 KV-1 飯田OIDE長姫高校 原動機部 19′33.321
KV-2 飯田OIDE長姫高校 原動機部 22′24.184
2015 KV-1 TeamBIZON 18′27.310
KV-2 飯田OIDE長姫高校 原動機部 20′49.087
2016 KV-1 飯田OIDE長姫高校 原動機部 17′47.515
KV-2 404ecorun 22′47.742
2017 KV-1 飯田OIDE長姫高校 原動機部 17′33.585
KV-2 飯田OIDE長姫高校 原動機部 20′36.791
2018 KV-1 木本工作所 17′31.340
KV-2 nn-tech エコランチーム 19′51.045
Ene-1GP MOTEGI
クラス 優勝チーム
2012 KV-1 今市工業高校
KV-2 飯田工業高校原動機部
2013 KV-1 TeamBIZON
KV-2 飯田OIDE長姫高校 原動機部
2014 KV-1 Team BIZON
KV-2 飯田OIDE長姫高校原動機部
2015 KV-1 ZDP
KV-2 飯⽥OIDE⻑姫⾼校 原動機部
2016 KV-1 ZDP
KV-2 Team U-TECH
2017 KV-1 ZDP
KV-2 飯⽥OIDE⻑姫⾼校 原動機部
2018 KV-1 ZDP
KV-2 飯⽥OIDE⻑姫⾼校 原動機部

レギュレーション[編集]

単三型充電池であるエネループ40本を動力源として使用する。

  • KV-1

車両重量制限なし

  • KV-2

車両重量35kg以上制限

  • KV-BIKEチャレンジ

2輪車で競う

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]