Disc Description Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Disc Description Protocol (DDP) は、光学ディスク(CDDVDを含む)の内容を指定するための形式である。

一般的に、DDPは複製のためにディスクプリマスターを引き渡すために使われる。DDPはプロプライエタリ形式であり、DCAの所有である。ファイル形式仕様は無料入手可能ではない。

DDPには以下の4つのパートを含まなければならない:[1]

  1. 音楽イメージ (.DATファイル)
  2. DDP識別子 (DDPID)
  3. DDPストリーム記述子 (DDPMS)
  4. サブコード記述子 (PQDESCR)

また、オプションとしてテキストファイルを含めることもできる。これはトラックタイトルとタイミングを含むだろう。

出典[編集]

  1. ^ Desktop Audio Technology, Francis Rumsey, Focal Press 2004年


外部リンク[編集]