Colasoft Capsa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Capsa
開発元 Colasoft LLC
最新版 8.2 / 2016年3月3日(2年前) (2016-03-03
種別 ネットワーク・アナライザ
ライセンス フリーウェア シェアウェア
公式サイト [1]
テンプレートを表示

Capsa はColasoft によって開発され、有線および無線ネットワークを監視、解析、トラブルシューティングする ネットワークアナライザ である。Capsa 日本語版も開発され、Capsa Enterprise エディションCapsa Professional エディションという二つのエディションがある。

機能[編集]

  • リアルタイムに有線&無線ネットワークパケットをキャプチャー -- (有線だけでなく、802.11a/b/g/nを含む無線ネットワーク上で送受信されたデータをキャプチャーする)
  • トラフィック& 帯域幅を監視 -- (トラフィックと帯域幅を監視することで、トラフィックを一番消費しているホストを特定する)
  • 高度なプロトコル解析 -- (1500以上のネットワークプロトコルとサブプロトコルをサポートする)
  • 複数ネットワークアクティビティを監視-- (webブラウジングやチャットなどユーザーのネットワークアクティビティを監視する)
  • エキスパートネットワーク診断 -- (40種類以上の診断イベントの自動検出をサポートする)
  • ネットワークアクティビティを記録 -- (DNSログ、Eメールログ、FTP転送ログなど複数ネットワークアクティビティログの保存をサポートする)
  • Eメール内容を保存 -- (社員によって送受信されたすべてのEメールのコピーを証拠として保存する)
  • 迅速かつ直観的なレポート -- (通信量、VoIP、セッションなど多くの統計レポートを提供する)
  • 詳細なパケットデコーディング -- (パケットデコーディングを通じて、ネットワーク通信のオリジナル情報を確認する)

特徴[編集]

  • 単一または複数ネットワークアダプタからパケットをキャプチャー
  • 各パケットのヘッダー& 内容を解析
  • MAC & IPアドレスに関する統計を提供
  • プロトコル (データリンク層 → アプリケーション層)を解析
  • 40種類のネットワーク問題を診断
  • グラフで統計を表示
  • ネットワーク異常を警告
  • パケット&ログを保存
  • DNS、webブラウジング、Eメール、FTP & IM サービスログを記録

Capsa Enterpriseエディション[編集]

Capsa Enterpriseエディション はis Colasoft Capsa ネットワークアナライザの一つで、EthernetおよびWLAN 両方の解析をサポートしている。リアルタイムなパケットのキャプチャーと解析の他に、過去イベントの解析をもサポートする。日常ネットワークの監視から、様々なネットワーク問題の処理まで企業ネットワークの正常運行を保証する。

Capsa Professionalエディション[編集]

Capsa Professionalエディションネットワーク専門家または中小企業向けの Ethernet パケットアナライザである。ネットワーク監視、解析、トラブルシューティングをサポートする。

エディション比較[編集]

特徴 Enterpriseエディション Professionalエディション
WiFi トラフィックをキャプチャー 有り 無し
不審セッションビュー 有り 無し
IPアドレス監視 無制限 無制限
セッションタイムアウト期間 無制限 無制限
アダプタ監視 有り 有り
ファイルの手動保存 有り 有り
複数プロジェクトを同時実行 有り 有り
複数アダプタをサポート 有り 有り
ネットワークタップをサポート 有り 有り
印刷 有り 有り
データをエクスポート 有り 有り
ログ保存機能 有り 有り
レポート 有り 無し
診断機能 有り 無し
セキュリティ解析プロファイル 有り 無し
レポートのカスタマイズ 有り 無し
パケットの自動保存機能 有り 無し
自動スケジューリング 有り 無し
ARP攻撃ビュー 有り 無し
ワームビュー 有り 無し
起こしたDoS攻撃ビュー 有り 無し
受けたDoS攻撃ビュー 有り 無し
TCPポートスキャンビュー 有り 無し
ソース:[1]

脚注[編集]

  1. ^ Capsa エディション比較”. Colasoft. 2016年4月8日観覧閲覧。

外部リンク[編集]