Clean

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Clean
パラダイム 関数型言語
登場時期 1987
設計者 Software Technology Research Group of Radboud University Nijmegen
最新リリース 2.4 / 2011年12月23日(4年前) (2011-12-23
型付け 強い型付け, 静的型付け, 動的型付け
影響を受けた言語 LeanMirandaHaskell
拡張子 .icl.dcl.abc.obj
Computer n screen.svg
関数型言語に分類される
プログラミング言語

カテゴリ / テンプレート

Clean(クリーン)は、プログラミング言語の一つで、純粋関数型言語である。Haskell とよく似ている。

一意型英語版により、参照透過性を保ちつつ、ファイルの破壊的な更新などができる。これは、参照透過性を保つためには値を複製した上で結果として返す必要があるが、その後複製元を二度と使用しない(参照しない)ことが保証できるのであれば、わざわざ複製せずとも直接破壊的に値を更新しても構わない、という考え方に基づく。例えば、変数aに1を加算するには

a = 1
a2 = a + 1

のようにして、以降a2を使用する。もし今後もa = 1という前提で使用するならばこの方法しかないが、そうでなければaは無駄になる。しかし、プログラマはa = 1を二度と使用しないとわかっていても処理系にはわからない。それを処理系に知らせる手段が一意型(一意性型属性)である。処理系がa = 1という定義を二度と使用しないとわかりさえすればa2は不要となり、aを破壊的に更新していけばよい。無論a = 1であることを期待してaを使用すると期待通りに動かなくなるが、それは最初に処理系と交わした約束を破ったということにほかならない。つまり、aの管理はプログラマが責任を持って行うことになる。

外部リンク[編集]