CMSKIT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CMSKIT(しーえむえすきっと)
開発元 株式会社ノア
種別 コンテンツ管理システム
テンプレートを表示


CMSKIT(シーエムエスキット)は、株式会社ノアにより開発されたコンテンツ管理システム (CMS) であり、ウィザード形式のステップ・バイ・ステップの流れで静的HTMLページの編集作業を進めていく点が特徴。 承認ワークフローを通して公開するなどの機能を有しており、ウェブページの公開までに決裁を必要とする企業や大学、自治体など組織利用を意識したCMSである。


歴史[編集]

  • 1998年 - CMS「i-note」をリリース。
  • 2002年 - 「i-note」の後継モデルとしてCMS「WebCanvas Ver.1」をリリース。
  • 2004年 - CMS「WebCanvas Ver.2」をリリース。
  • 2008年 - 「WebCanvas」の後継モデルである「CMSKIT Ver.1」の販売を開始。
  • 2011年 - 「CMSKIT Ver.2」をリリース。

特徴[編集]

  • 静的HTMLページ生成型のCMS。
  • ウィザード形式のステップ・バイ・ステップの流れでコンテンツ作成を行う。
  • 基本機能に加えて「拡張KIT」とよばれるプラグインが追加機能として用意されている。
  • 情報公開に決裁を必要とする組織利用を意識した承認ワークフローの機能を有する。

提供環境[編集]

  • クラウド型
  • 導入型(オンプレミス型)

外部リンク[編集]