Bean Validation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Bean Validation(ビーン・バリデーション)は、JavaBeansのバリデーション(値の検証)のためのメタデータモデルとAPIを定めたJavaソフトウェアフレームワークである[1]

Bean Validationは、2009年11月16日にJavaの仕様を定めるJCPによりJSR 303として採用され、Java EE 6においてバージョン1.0が仕様の一つとして取り込まれている。2013年5月に公開された1.1は、Java EE 7に含まれる。

バリデーションのためのメタデータはアノテーションにより指定される。メタデータはXMLのバリデーション記述子を使用して拡張・上書きすることができる。

O/Rマッピングフレームワークを開発するHibernateプロジェクトは、Bean Validationの仕様を実装したHibernate Validatorを提供しており、リファレンス実装にもなっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]