陳第

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。ABCEdit (会話 | 投稿記録) による 2020年12月31日 (木) 12:37個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

陳 第(ちん だい、1541年 - 1617年)は、中国明代儒学者・音韻学者。季立、号は一斎。福州府連江県鳳城の出身。

三山の陳第といえば軍人として馬上の人であったが、斬新な古音学書『毛詩古音考』を書いた(他にも『屈宋古音義』などがある)。文例は着眼の正しさを重ねてあり、古音の学はその説得力から後ちに発展することとなった。晩年は連江に隠棲した。

著作

脚注

[脚注の使い方]

関連項目