双方向散乱面反射率分布関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2010年8月10日 (火) 13:11; 114.154.31.248 (会話) による版 (BSSRDFの正式名称に"Distribution"が抜けていたため。)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

双方向散乱面反射率分布関数(そうほうこうさんらんめんはんしゃりつぶんぷかんすう)は、光の反射モデルの一つ。BSSRDF(Bidirectional Scattering Surface Reflectance Distribution Function)ともいう。双方向反射率分布関数をより一般化したものである。しかし、BSSRDFはパラメータが多すぎるため、若干実用性にかける面がある。