出金伝票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2013年6月9日 (日) 14:09; 頭痛 (会話 | 投稿記録) による版 (−Category:紙製品; −Category:会計; +Category:伝票 (HotCat使用))(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

出金伝票(しゅっきんでんぴょう)とは、会社商店などの事業者が、取引などで現金を相手に払う際に用いる伝票の一つ。現金出納帳を作成する際に必要になるのが本項で述べる出金伝票と入金伝票である。双方が揃うことで現金に関する金銭の動きが明確となり、確定申告などの際に用いる事ができる。

  • 出金伝票を仕訳に置き換えるときは、貸方(右)が現金となる。
借方 貸方
××× 10,000  現金 10,000