パナソニック LUMIX DMC-L10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。EmausBot (会話 | 投稿記録) による 2013年3月27日 (水) 07:57個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (ボット: 言語間リンク 2 件をウィキデータ上の (d:Q2049116 に転記))であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
LUMIX DMC-L10

パナソニック・ルミックスDMC-L10 (Panasonic LUMIX DMC-L10) は、パナソニックから発売されたフォーサーズシステム対応のデジタル一眼レフカメラである。

概要

パナソニックが展開しているLUMIXシリーズとしてはDMC-L1に続く機種としてパナソニック米国法人から2007年8月30日(現地時間)に発表され、日本では2007年11月22日から発売された。

オリンパス E-330をベースとしたDMC-L1とはうってかわってE-510をベースとしたオーソドックスなデザインとなったが、軍艦部形状がライカRシリーズを彷彿させている。パナソニック独自の画像処理エンジンであるヴィーナスエンジンIIIを採用。コントラストAFを利用したライブビュー撮影に対応し、フリーアングル液晶モニターを搭載してさまざまな姿勢での撮影に対応できる。

なお、レンズ内手ブレ補正機構を搭載したライカブランドのD VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 OISレンズを同梱したキットモデルも販売されている。

関連項目

外部リンク