バタ足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。おいしい豚肉 (会話 | 投稿記録) による 2020年9月21日 (月) 20:56個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
6ビートクロールにおけるバタ足の動き
フィンはダイビング中のみならず、競泳におけるバタ足技術の練習にも用いられることがある

バタ足(バタあし)とはクロール背泳ぎで用いられる、両足を交互に上下動させる下半身の動作の事。フラッター・キック(flutter kick)とも呼ぶ。 バタフライ平泳ぎとは異なり、クロールや背泳ぎにおいて推進力の大部分は上半身が生み出し[1]、バタ足は推進力の補助及び姿勢(ストリームライン)制御を目的として使用される。 体力の消耗という観点からは不経済な動作でもあり、これが特に大きな問題となる長距離競泳においては、バタ足の回数が少ない2ビートのクロールが採用される傾向にある[2]。 一方で、ダイビングなど足にフィン(足ひれ)を装着できる状況においては、バタ足は推進力に大きく貢献する。


参考文献

  1. ^ 『水泳指導教本 改定第二版』日本水泳連盟 大修館書店 pp.19,135
  2. ^ 『水泳教師教本改訂版』 日本水泳連盟/日本スイミングクラブ協会 大修館書房 p.23