ノーリ (トールキン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年12月1日 (火) 18:05; Pica (会話 | 投稿記録) による版 (2014年3月15日 (土) 06:32時点における版に差し戻し。リダイレクト先に内容が引き継がれていない。)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノーリ(Nori)は『ホビットの冒険』の作中に登場するドワーフ。エレボール遠征へ向かった13人のドワーフの一人。映画『ホビット』ではジェド・ブロフィーが演じた。

詳細[編集]

トーリンとは遠い親戚。紫色の頭巾を被っている。原作では兄弟関係は示されておらず、映画ではドーリオーリとは異母兄弟という設定。

映画『ホビット』[編集]

ドワーフの中で一番奇抜な髪型で星型をしている。家を飛び出し放浪していたが、国の為ではなく自身の金儲けの為にエレボール遠征に参加する。手癖が悪く、『思いがけない冒険』のエクステンデットエディションでは裂け谷の食器を盗んだ。しかしそうした器用さはトーリンに買われているようで、『竜に奪われた王国』では先陣を切ってエスガロスの武器庫に忍び込ませ、はなれ山では隠し扉を探させた。出発時の武器は棍棒と二本のナイフ。