90対90の法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

90対90の法則英語: ninety-ninety rule)とは、コンピュータプログラミングソフトウェア工学についてのユーモアを込めた格言で、

コードの最初の90%が開発時間の90%を占め、残りの10%がさらに90%を占める

というものである。

合計の開発時間が180%になるのは、ソフトウェア開発のプロジェクトが当初予定期間を大幅に超過するというよく知られた傾向に皮肉を込めたものである。この法則は、プログラミングにおいて簡単な部分と困難な部分に大雑把に時間に割り当ててしまうこと、また、多くのプロジェクトが遅延する理由(つまり困難な部分の予測の失敗)を表現している。プロジェクトがうまくいくためには、もっと長い期間とさらなるコーディングが必要であるということである。

この法則はベル研究所の Tom Cargill が考え出し、1985年9月のACM学会誌 Communications of the ACMJon BentleyのコラムProgramming Pearlsで著名になった。

派生した格言[編集]

パーセントの合計が100にならないので、誤植と間違われることがある。以下のように「訂正された」ものが引用されることがある。

コードの最初の90%が開発時間の10%を占め、残りの10%が90%を占める

約90%のコードが割り当てられた時間の10%を占め、残りの10%が90%の時間を占める

あまり有名ではないが、全ての数字を90%にしたものもある。

コードの最初の90%が開発時間の90%を占め、残り90%が90%を占める

また、ソフトウェアと関連のないプロジェクトにも、異なる基準でこの法則を当てはめたものもある。

プロジェクトの90%は予算の90%を使用し、残り90%も予算の90%を使う

関連項目[編集]