5者択2符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

5者択2符号(ごしゃたくにふごう、two out of five code)は、5ビットで0から9の十通りを表す符号である。 により、3個の0と2個の1(あるいは、2個の0と3個の1)の並べ方の場合の数は10である、ということを利用している。

アメリカ連邦規格1037Cでは、0-1-2-3-6の重みを付け、0は01100としてコード化された。 IBM 7070、IBM 7072、IBM 7074では、0-1-2-3-4のビット位置に対応し、連邦規格と同様の重み付けがされ、十進数の他に3者択2符号においてA、+、-を0-3-4のビット位置に対応させた。 アメリカ合衆国郵便公社で使用されているPOSTNETでは、7-4-2-1-0の重みを付け、0は11000としてコード化された。この方法は、北米電話のクロスバースイッチシステムでも使用されていた。

誤り検出方法として、「1」の個数が常に2個か否かを検査することによって誤りを検出する方法がある。

電気通信
01236
POSTNET
74210
IBM 7070、7072、7074
01234
0 01100 11000 POSTNET 0.svg 01100
1 11000 00011 POSTNET 1.svg 11000
2 10100 00101 POSTNET 2.svg 10100
3 10010 00110 POSTNET 3.svg 10010
4 01010 01001 POSTNET 4.svg 01010
5 00110 01010 POSTNET 5.svg 00110
6 10001 01100 POSTNET 6.svg 10001
7 01001 10001 POSTNET 7.svg 01001
8 00101 10010 POSTNET 8.svg 00101
9 00011 10100 POSTNET 9.svg 00011
A 1––10
- 1––01
+ 0––11

関連項目[編集]