26cmミーネンヴェルファーM17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
26 cm Minenwerfer M 17
Böhler 26cm Minenwerfer M 1917 pic3.jpg
Böhler model at the Heeresgeschichtliches Museum, Vienna
種類 重迫撃砲
原開発国 オーストリア=ハンガリー帝国
運用史
配備期間 1917-?
配備先 オーストリア=ハンガリー帝国
オーストリア
関連戦争・紛争 第一次世界大戦
開発史
開発者 シュコダ財閥
開発期間 1917
製造業者 シュコダ財閥, Böhler, Hungarian Gun Factory
製造期間 1917-18
製造数 300
諸元
重量 1550kg
要員数 6

砲弾 83kg
口径 260 mm
仰角 34° to 80°
旋回角
最大射程 1450m
テンプレートを表示

26cmミーネンヴェルファーM17(26 cm Minenwerfer M 17)とは第一次世界大戦でオーストリア=ハンガリー帝国が使用した重迫撃砲である。

鹵獲したバティニョール240mm重迫撃砲のコピーに代わる物としてシュコダによって開発された。 最初の配備は、1918年3月から始まった。毎月平均36~40門を生産した。

関連項目[編集]

リファレンス[編集]

  • Ortner, M. Christian. The Austro-Hungarian Artillery From 1867 to 1918: Technology, Organization, and Tactics. Vienna, Verlag Militaria, 2007 ISBN 978-3-902526-13-7

外部リンク[編集]