21世紀タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
21世紀タワー
Dubai night skyline.jpg
シェイク・ザーイド・ロードに面する21世紀タワー
概要
現状 完成
用途 住居
所在地 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦ドバイ
着工 2001年
完成 2003年
所有者 Al Rostamani Real Estate
高さ
最頂部 269 m (883 ft)
屋上 240 m (787 ft)
最上階 185.7 m (609 ft)
技術的詳細
階数 55階
エレベーター数 7機
設計・建設
建築家 WS Atkins and Partners

21世紀タワー (英語: 21st Century Tower) は、ドバイシェイク・ザーイド・ロードに面する55階建ての超高層ビルである。2003年の完成当時、世界で最も高い住居であったが、現在ではオーストラリアメルボルンユーレカタワーや、ゴールドコーストQ1タワーに抜かれている。設計はアトキンスが担当した。PERIドバイが型枠の問題を解決している。

タワーには7機のエレベーターが設置されている。エレベーターを呼び出すと、情報処理型のエレベーターシステムによって自動的に最も近いエレベーターが、要求された階で停止する。

エミレーツ航空のキャビンクルーやフライトクルーが使用しており、チリの領事館も設置されている。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯25度12分39秒 東経55度16分34秒 / 北緯25.21083度 東経55.27611度 / 25.21083; 55.27611