龍海院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
龍海院
龍海院本堂
所在地 愛知県岡崎市明大寺町西郷中34-1
位置 北緯34度57分5.213秒
東経137度9分53.228秒
座標: 北緯34度57分5.213秒 東経137度9分53.228秒
山号 満珠山
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦如来
創建年 1530年享禄3年)
開山 模外惟俊
札所等 三河三十三観音霊場 第7番
地図
龍海院の位置(愛知県内)
龍海院
法人番号 3180305001037
テンプレートを表示

龍海院(りゅうかいいん)は、愛知県岡崎市明大寺町にある曹洞宗寺院

概要[編集]

岡崎空襲により焼失した本堂

享禄3年(1530年)6月[1]、模外惟俊を開山として松平清康が創建した。通称「是之字寺(ぜのじでら)」。清康が20歳の時、左手に「是の字」を握る夢を見、これを模外和尚に占わせたところ「これは吉兆、『是の字』を握るは天下をとることなり」と答えたという逸話がある(「是」を分解すると「日下人」と読める)。喜んだ清康は模外のために本寺を建立したと言われている。

天正18年(1590年)に徳川家康が関東に移封されると、本国の留守居を任されていた酒井重忠は武蔵川越に1万石の所領を与えられた。新たに三河国岡崎城主となった田中吉政によって破却されたが、慶長6年(1601年)に本多康重が城主となると再建された。慶長8年(1603年)9月11日付で家康から朱印状を拝領する[2]

1945年(昭和20年)7月19日から20日にかけての岡崎空襲により焼失した。

1970年(昭和45年)5月、RIA建築綜合研究所(現・アール・アイ・エー)の山口文象の設計により、鉄筋コンクリート構造の本堂、社務所の建築工事が着工。工費は約7,000万円。翌1971年(昭和46年)に全天光照明の三角屋根の本堂が完成した[3]

札所[編集]

交通手段[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『岡崎市勢要覧 昭和41年版』 岡崎市役所、1966年7月、28頁。
  2. ^ 『新編 岡崎市史 近世 3』 新編岡崎市史編さん委員会、1992年7月1日、117頁。
  3. ^ 東海新聞』1970年5月21日、2面、「25年ぶりに本堂再建 家康ゆかりの是字寺龍海院」。

参考文献[編集]

  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』 新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、413頁。
  • 『岡崎 史跡と文化財めぐり』 岡崎市役所、2003年1月1日、26-27頁。