黙子如定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黙子如定
1597年 - 1657年
生地 江西省建昌府建昌県
宗派 禅宗
寺院 興福禅院、興福寺
弟子 逸然性融

黙子如定(もくす にょじょう、1597年万暦25年) - 1657年明暦3年))は、初に来日した中国僧。江西省建昌府建昌県の生まれ。

生涯[編集]

揚州にある興福禅院において出家。

1632年寛永9年)に来日し、長崎興福寺に入寺した。明版の大蔵経を持参していた。真円の没後に第2代の住持となった。一説には、1635年(寛永12年)、真円の隠退によって継席したともいう。

1634年(寛永11年)には、眼鏡橋の建設指導にあたったともされる。同様に、象嵌技術などにも通じており、中国の先進技術の導入に一役買った。また、能書家でもある。

その後は、興福寺の諸堂の造立に尽力した。

1645年正保2年)、逸然性融に法席を譲り、東盧庵に隠退するも、逸然が傾注した隠元隆琦の招致運動を援助した。

1657年(明暦3年)12月、自坊で没した。享年61。

関連項目[編集]