高輪消防署二本榎出張所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京消防庁 > 東京消防庁第一消防方面本部 > 高輪消防署二本榎出張所
高輪消防署二本榎出張所

高輪消防署二本榎出張所(たかなわしょうぼうしょにほんえのきしゅっちょうじょ)とは、東京都港区高輪二丁目6番17号にある消防署である。

昭和8年(1933年)落成の庁舎は歴史的建築物としても有名であり、とりわけ火の見櫓からは東京市全体が一望に見渡せた。設計は警視庁総監会計営繕係の越知操。

歴史[編集]

  • 明治41年(1908年)、東京府東京市芝区二本榎二丁目15番地に、内務省警視局消防本署の第二消防署二本榎出張所として設置される。
  • 大正15年(1926年)、御田消防署高輪出張所となる。
  • 昭和8年(1933年)、現在の庁舎が落成し、高輪消防署に昇格する。
  • 昭和25年(1950年)、GHQの勧告により再度出張所となり、麻布消防署の所属となる。
  • 昭和26年(1951年)、消防署に昇格し、同時に三光出張所・志田町出張所・高浜出張所の所轄となる。
  • 昭和59年(1984年)、高輪消防署の本署が港区白金二丁目4番地に移転し、二本榎出張所となる。