高林清高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1955年

高林 清高(たかばやし きよたか、1928年7月10日 - 没年不詳)は日本の元スピードスケート選手である。長野県下諏訪町出身。

明治大学在学中の1952年にオスロオリンピックへ出場し、500mで6位入賞、これは1936年ガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピック500mで4位となった石原省三以来2人目の入賞である。また、1500mで34位となった。

4年後のコルティナダンペッツォオリンピックでは500mで30位に終わった。 インスブルックオリンピックではスケートチームのコーチを務めた。

1983年(昭和58年)、長野県スポーツ振興功績者表彰「勲功章」を受章した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]