高原秀和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たかはら ひでかず
高原 秀和
本名 高原 秀和
生年月日 (1961-11-05) 1961年11月5日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 A型
職業 映画監督
ジャンル 映画
オリジナルビデオ
公式サイト 高原秀和 全仕事
主な作品
映画
『溺愛』
『がむしゃら』
テンプレートを表示

高原 秀和(たかはら ひでかず、1961年11月5日[1] - )は、日本映画監督

人物・来歴[編集]

横浜放送映画専門学院中退[2]。18歳からピンク映画の助監督を始め、1985年、弱冠23歳で監督デビュー[2]。その後廣木隆一中村幻児のもとで助監督を経験し、1990年代に一般劇映画に進出[3]。劇映画、ドキュメンタリーとジャンルの垣根を垣根を超え活動する。プロレス、ロック音楽ファンとしても知られ、作品に起用、モチーフとした人物を登場させるすることが多く、代表作にも知人の女優、女子プロレスラーを追ったドキュメンタリー作『がむしゃら』がある。

90年代前半にはMAX-Aアトラス21アリスJAPANなどでアダルトビデオ監督を経験したこともあり、濡れ場の描き方に定評がある。『猥褻ネット集団 いかせて!!』で2003年度ピンク大賞脚本賞受賞[2]。監督作『濡れた愛情 ふしだらに暖めて』がピンク映画ベストテン2019で桃熊賞1位を獲得。

感受性を常に豊かにしていたいという意味で「14歳でいたい」と語っている[4]

作品[編集]

映画(監督作品)[編集]

  • セクシーアップ桃色乳首(1985年、ミリオンフィルム)- 監督・脚本(吉本昌弘と共同脚本)
  • 欲情させられた女(1986年、ミリオンフィルム)- 監督・脚本[5]
  • ブルーエクスタシー ザ・過激(1986年、ミリオンフィルム)- 監督・脚本[6]
  • 団地妻 W ONANIE(1985年10月26日、にっかつ) - 監督(奥出哲雄と共同監督)
  • 童貞物語2 チェリーボーイズ(1988年7月30日、バンダイ)[7]
  • 新・同棲時代(1991年9月14日、ヘラルドエース)
  • Give me a Shake レディースMAX(1997年3月15日、パル企画) - 監督・脚本
  • SHINJUKU LOFT BOOTLEG 1999(1999年11月13日、ビジョンスギモト) - 企画・監督、ドキュメンタリー
  • セックスの向こう側 AV男優という生き方(2013年2月23日、マクザム) - 監督・構成・撮影(えのき雄次郎と共同監督) ドキュメンタリー[8][9]
  • 制服美少女 先生あたしを抱いて(2004年、国映新東宝映画[10]
    • つむぎ(2005年、「制服美少女~」の一般公開版)[11]
  • ロリ色の誘惑 させたがり(2005年、国映、新東宝映画)[注 1][12]
  • がむしゃら(2015年3月28日、マクザム) - 監督・撮影・編集[13]

オリジナルビデオ(監督作品)[編集]

  • スケバン女教師(1996年)
  • マルソウ改造自動車教習所(1996年)
  • 喧嘩愚連隊(1998年)
  • Zero WOMAN 危ない遊戯(1998年、ビジョンスギモト) - 監督・脚本
  • マルソウ改造自動車教習所 疾風怒濤篇(1998年)
  • 官能小説夫人(1999年)
  • したくてしたくて たまらないOL(2003年、レジェンド・ピクチャーズ)

脚本作品[編集]

  • 蜜に濡れる女(1984年)
  • 猥褻ネット集団 いかせて!!(2003年)
  • ガチヤン ヤン女素手喧嘩・復讐篇(2010年、シネポップ)
  • ガチヤン ヤン女・美優 天上天下唯我独尊篇(2010年、シネポップ)

映画(出演作品)[編集]

  • 踊る乳房(1984年/7月13日、にっかつ) -マコト役[15]
  • Danger de mort<ダンジェ>(1999年5月8日、ギャガ・コミュニケーションズ)
  • ペイン(2001年10月27日、アルゴ・ピクチャーズ) - 大人の玩具屋の2代目店長

舞台[編集]

  • lovepunk STAGE4 『DEADEND GIRLS』(2010年)脚本・演出
  • lovepunk STAGE7『キックアウト!』(2012年)脚本・演出

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ DVD発売時のタイトルは「せつな」。
  2. ^ a b 「KING RECORDS presents エロティカ クイーン」レーベル第1弾作品。

出典[編集]

  1. ^ a b 高原秀和”. ザテレビジョン スタスケ. 2019年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c 日本映画監督協会 – Directors Guild of Japan”. www.dgj.or.jp. 2019年8月25日閲覧。
  3. ^ 日本映画監督協会 - 制服美少女 先生あたしを抱いて”. web.archive.org (2008年1月14日). 2020年1月24日閲覧。
  4. ^ これは究極のデートムービーだ!映画『がむしゃら』高原秀和監督・安川惡斗さんインタビュー”. cinematopics (2018年8月25日). 2015年6月1日閲覧。
  5. ^ 映画 欲情させられた女 - allcinema”. www.allcinema.net. 2019年8月25日閲覧。
  6. ^ ブルーエクスタシー ザ・過激”. www.jmdb.ne.jp. 2019年8月25日閲覧。
  7. ^ 童貞物語2 チェリーボーイズ” (日本語). kinenote. 2019年8月25日閲覧。
  8. ^ 「9割は好みじゃない」AV男優の現実 〈AERA〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット) (2013年2月28日). 2019年8月25日閲覧。
  9. ^ “セックスの向こう側 AV男優という生き方”. マクザム. オリジナルの2013年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130103212836/https://www.maxam.jp/sex/ 
  10. ^ 制服美少女 先生あたしを抱いて”. pg-pinkfilm.com. 2019年8月25日閲覧。
  11. ^ 蒼井そらピンク映画初出演作『つむぎ』がアップリンクファクトリーで公開! – CINEMATOPICS” (日本語). 2019年8月25日閲覧。
  12. ^ ロリ色の誘惑 させたがり”. pg-pinkfilm.com. 2019年8月25日閲覧。
  13. ^ 安川惡斗“顔面崩壊”騒動後初の公の場で叫ぶ「わたしは被害者じゃねぇ!」”. シネマトゥデイ (2015年3月24日). 2019年8月25日閲覧。
  14. ^ グラグラ”. 映画.COM. 2019年8月25日閲覧。
  15. ^ 踊る乳房”. kinenote. 2019年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]