高エネルギー荷電粒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高エネルギー荷電粒子とは、荷電粒子の持つエネルギーにより分類されるが、一般的に熱エネルギー分布(マクスウェル分布)に従うプラズマよりエネルギーが高い荷電粒子を指し、恒星である太陽から放出される太陽エネルギー粒子線(SEP)や太陽系外から伝播する銀河宇宙線(GCR)等がある。

地上においても世界各国(日本も含む)の加速器で、この相対論的なエネルギー領域まで粒子を加速することは可能であり、素粒子実験などが頻繁に行われている。また、物理分野以外の実験(医療、自然環境)も行われている。