風間閑斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風間 閑斎(かざま かんさい、享保元年(1716年) - 寛政11年10月29日1799年11月26日))は、日本医師開業医酒田風間氏宗家第三代当主(三代目 風間彦惣)。号は臥牛山人。

略歴[編集]

村上風間氏に婿入りし五代目・宮川屋を継ぐ予定だったが、酒田に戻って姉・「はる」の夫である二代目:風間彦惣(彦助)の後を受けて三代目:風間彦惣となる。

晩年になってから家業を長男:仁助(四代目:風間彦惣)に譲り、医学を学んで名前を閑斎と改め、次男の医師・風間東美と共に大工町で開業する。

  • 1799年(寛政11年) - 死去。酒田市寿町の安祥寺にがある。

著書[編集]

親族[編集]

  • 父:風間彦惣(彦次郎) - 村上風間家三代目、宮川屋二代目、酒田風間氏宗家初代。
  • 母:風間? - 青山氏の娘
  • 前妻:風間とよ
    • 長男:風間彦惣(仁助) - 酒田風間氏宗家四代目
  • 後妻:風間順
    • 次男:風間東美(守膳) - 医師、酒田風間氏分家・東美家初代

参考資料[編集]

  • 『風間家の歴史』 2008年 風間吉也(著)