青木保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青木 保(あおき たもつ、1938年10月30日 - )は、日本文化人類学者、元文化庁長官。大阪大学名誉教授、国立新美術館館長。

来歴・人物[編集]

東京生まれ。1962年上智大学文学部独文科卒業、1964年東京大学教養学部卒業、1967年同大大学院文化人類学専修修士課程修了。東京大学東洋文化研究所助手、立教大学文学部助教授、大阪大学人間科学部教授、94年「儀礼の象徴論的研究 -儀礼の基礎論を目指して」で阪大から博士(人間科学)。1996年東京大学先端科学技術研究センター教授、1999年政策研究大学院大学教授、2005年法政大学企画・戦略本部特任教授、2006年早稲田大学アジア研究所客員教授。この間ハーバード大学客員教授等も務めた。2007年4月から2009年7月まで、18代目の文化庁長官に在任。民間出身者としては、4人目である。日本民族学会会長も務めた。青山学院大学特任教授。2012年国立新美術館館長。

受賞[編集]

社会的活動[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『沈黙の文化を訪ねて』(日本経済新聞社 1976年/のち中公文庫
  • 『タイの僧院にて』(中央公論社 1976年/中公文庫 1979年)
  • 『文化の翻訳』(東京大学出版会 1978年)
  • 『儀礼の象徴性』(岩波書店 1984年/岩波現代文庫 2006年)
  • 『御岳巡礼―現代の神と人』筑摩書房、1985(のち講談社講談社学術文庫] 1994年)
  • 『異文化遊泳』新曜社 1985年
  • 『境界の時間―日常性をこえるもの』(岩波書店 1985年)
  • 『カルチャー・マス・カルチャー』(中央公論社 1985年)
  • 『文化の否定性』(中央公論社 1988年)
  • 『「日本文化論」の変容―戦後日本の文化とアイデンティティー』(中央公論社 1990年/中公文庫 1999年)
  • 『逆光のオリエンタリズム』(岩波書店 1998年)
  • 『アジア・ジレンマ』(中央公論新社 1999年)
  • 『憩いのロビーで 旅のやすらぎ、ホテルとの出会い』(日本経済新聞社 2000年)
  • 『異文化理解』([岩波新書] 2001年)
  • 『多文化世界』([岩波新書] 2003年)
  • 『作家は移動する』(新書館 2010年) 
  • 『「文化力」の時代-21世紀のアジアと日本』(岩波書店 2011年)

編著[編集]

  • 『聖地スリランカ 生きた仏教の儀礼と実践』(日本放送出版協会 1985年)
  • 『ホテルからアジアが見える』(海竜社 2001年)

共編著[編集]

訳書[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  2. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
先代:
林田英樹
国立新美術館館長
第2代:2012年 -
次代:
現職