障害者職業能力開発校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

障害者職業能力開発校(しょうがいしゃしょくぎょうのうりょくかいはつこう)は、身体障害者知的障害者等に対して、その能力に適応した普通職業訓練又は高度職業訓練を行うための公共職業能力開発施設である。職業能力開発促進法第十六条に基づき及び都道府県が設置する。

障害者に対する職業訓練施設は、1949年昭和24年)の職業安定法の改正(昭和24年法律第88号)で規定された身体障害者公共職業補導所がその始まりである。

国が設置する障害者職業能力開発校の一覧[編集]

国が設置する障害者職業能力開発校の一覧は、職業能力開発促進法施行規則別表一に定められている。

※これらは国が設置するが、施行規則第八条二項により、中央障害者職業能力開発校、吉備高原障害者職業能力開発校の2校については独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構に、その他については都道府県に、それぞれ運営を委託している。

都道府県が設置する障害者職業能力開発校の一覧[編集]

関連項目[編集]