陣痛促進剤による被害を考える会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陣痛促進剤による被害を考える会(じんつうそくしんざいによるひがいをかんがえるかい)は、「陣痛促進剤の使用による悲惨な事故をなくし、安全なお産の実現を目指す」ことを目的として、1988年2月に設立された任意団体

これまでの活動内容[編集]


外部リンク[編集]