門脇源太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

門脇 源太郎(かどわき げんたろう、明治37年(1904年)8月23日 - 没年不明)は日本実業家山陰日日新聞社常務取締役。

経歴[編集]

鳥取県米子市安倍出身[1]慶應義塾外国語学校(マライ語)卒業[1]

昭和4年(1929年万朝報社記者[1]昭和7年(1932年)帝都日日新聞関西支社通信部長、昭和10年(1935年)金融経済社創立、社長兼主筆、昭和17年(1942年)まで台湾朝鮮満州国へ6回に亘り出張、産業経済事情を視察する[1]

昭和18年(1943年)陸軍通訳官南方第二方面軍付、昭和23年(1948年山陰日日新聞社大阪支社長、昭和28年(1953年取締役に就任、昭和29年(1954年)兼任業務局長、昭和30年(1955年)東京支社長(兼任)を経て昭和31年(1956年常務取締役兼大阪支社長に就任[1]

著書[編集]

  • 『朝鮮産業金融体鑑』[1]
  • 『台湾産業組合の研究』その他[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 カ…331頁

外部リンク[編集]