鈴木健吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 健吾
すずき けんご
Portal:陸上競技
Kengo Suzuki 190915.jpg
マラソングランドチャンピオンシップ
(2019年9月15日撮影)
選手情報
フルネーム 鈴木 健吾
ラテン文字 Kengo SUZUKI
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離種目
所属 富士通
大学 神奈川大学経済学部現代ビジネス学科
生年月日 (1995-06-11) 1995年6月11日(26歳)
生誕地 愛媛県の旗愛媛県宇和島市
身長 163cm
体重 46kg
自己ベスト
5000m 13分57秒88(2016年)
10000m 27分49秒16(2020年)
ハーフマラソン 1時間01分36秒(2017年)
マラソン 2時間04分56秒(2021年)日本記録
獲得メダル
陸上競技
ユニバーシアード
2017 台北 ハーフマラソン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

鈴木 健吾(すずき けんご、1995年6月11日 - )は愛媛県宇和島市出身の陸上競技選手。専門は長距離種目宇和島東高校神奈川大学経済学部・現代ビジネス学科卒業。富士通陸上競技部所属。現マラソン日本記録保持者。マラソンで非アフリカ出身選手として初めて2時間05分の壁を破った選手。

経歴[編集]

  • 小学校6年生の時に父親の勧めで陸上を始めた。父も宇和島東高校出身で、全国高校駅伝にも出場経験があり、3区で区間19位の実績がある。

高校時代[編集]

  • 高校3年次のインターハイでは1500mと5000mに出場し、5000mでは10位に入る[1]
  • 全国高校駅伝愛媛県大会では1区区間2位と好走し母校の3年ぶりの都大路出場に貢献。四国高校駅伝では1区で区間賞を奪い16年ぶりの優勝に貢献した。
  • 第63回全国高校駅伝でも1区を務めたがトップと24秒差の区間21位。チームも37位と振るわなかった。

大学時代[編集]

  • 1年次の第91回箱根駅伝予選会では個人33位(チーム内4位)と好走。第46回全日本大学駅伝でも3区区間9位と結果を残す。箱根本選では6区を任されたが、区間賞の三浦雅裕(早稲田大学)から4分以上離される区間19位に終わる。
  • 2年次のホクレンディスタンスチャレンジ網走大会では10000mで28分53秒67を記録しチームのエース格となる。第92回箱根駅伝予選会では個人9位(日本人6位・チームトップ)、第47回全日本大学駅伝では1区区間8位と結果を残すも、箱根本選では2区区間14位に終わった。3月の日本学生ハーフマラソンではトップと1秒差の3位に入った。
  • 3年次にはチームの駅伝主将に任命され、1学年下の山藤篤司と共にチームのWエースと言われるまでに成長。5月の関東インカレ2部10000mでは、中谷圭佑駒澤大学)、一色恭志青山学院大学)といった強豪校のエースに次ぐ3位。6月の第48回全日本大学駅伝関東地区選考会ではエースの集う4組で日本人トップの4位。7月のホクレンディスタンスチャレンジ北見大会では10000mで28分30秒16の大学新記録をマークする。
  • 駅伝シーズンに入っても勢いは止まらず、第93回箱根駅伝予選会では日本人歴代2位となる58分43秒の好タイムで日本人トップの個人3位。箱根本選では再び2区を務めると、6人の先頭集団の中で積極的にペースを上げて集団を揺さぶり、権太坂の上りで一色や工藤有生(駒大)ら他校のエースを次々とふるい落とし、17.9km以降は独走。神奈川大学史上初めて戸塚中継所をトップでタスキリレーする。鈴木は2区歴代8位の1時間07分17秒をマークし区間賞を獲得。特筆すべきは権太坂から戸塚中継所までの定点間を22分52秒でカバーしていることで、鈴木以前にこの定点間で22分台を記録したのはメクボ・ジョブ・モグス山梨学院大学・当時の2区区間記録保持者)と三代直樹順天堂大学・元2区区間記録保持者)しかおらず、後半区間でいかに快走したかを物語っている。チームは往路6位・総合5位に入り、12年ぶりのシード権を獲得した。3月の日本学生ハーフマラソンでは序盤から圧巻の走りを見せ、2位に30秒差をつけ優勝。日本人学生歴代8位の1時間01分36秒をマークした。
  • 4年次の夏は走り込み不足で調子が上がらず、8月のユニバーシアードハーフマラソンでは片西景(駒大)、工藤に次ぐ3位で銅メダルを獲得したが、10月の第29回出雲駅伝はエントリーメンバーから外れ、伊豆大島で個人合宿を行った[2]。第49回全日本大学駅伝で復帰し、最長区間である最終8区を担当。トップと17秒差の2位でタスキを受けると、2.5kmで先頭の川端千都東海大学)を捉え5km過ぎに突き放すとあとは独走。区間2位の快走で優勝のゴールテープを切った。
  • 第94回箱根駅伝では3年連続で2区を務める。トップと28秒差の6位でタスキを受けると、森田歩希(青学大)、阪口竜平(東海大)と競りながら2位集団を形成。先頭の相澤晃東洋大学)を追うも、20kmで森田に引き離されトップと36秒差の3位でタスキリレー。区間4位ではあったが前回より9秒遅いだけの1時間07分26秒にまとめた。2月の東京マラソン2018で初マラソンに挑戦。総合19位(日本人13位・日本人学生1位・学生歴代7位)、2時間10分21秒の好記録をマークした。

実業団時代[編集]

  • 富士通入社初年度は大腿骨の疲労骨折など故障が相次ぎ、ほとんどレースに出られなかった。
  • 2019年4月のハンブルクマラソンで2時間11分36秒(13位)を記録し、東京マラソンとともに「対象2大会の平均が2時間11分00秒以内」を満たし、ワイルドカードでマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得。
  • 9月のMGCではスタート直後に飛び出した設楽悠太Honda)にはつかず2位集団でレースを進める。20km手前で集団から仕掛けて一時2位集団を鈴木・中村匠吾(富士通)・服部勇馬トヨタ自動車)・大迫傑ナイキ・オレゴン・プロジェクト)の4人に絞る、37.4kmで先頭の設楽を捉えると一気にペースを上げて揺さぶるなど見せ場を作ったが、39.1kmで集団から脱落し2時間12分44秒の7位に終わった[3]
  • MGCファイナルチャレンジの対象である2020年2月の第75回びわ湖毎日マラソンでは、31kmで外国人3人の先頭集団にただ一人食らいつく。しかし33km手前で脱落し12位(2時間10分37秒)に終わる。
  • 9月の全日本実業団対抗で10000m27分49秒16の自己ベストをマークする。しかし同年12月の第104回日本選手権10000mでは24位(28分18秒48)と振るわなかった。
  • 2021年の第65回ニューイヤー駅伝では6区で区間賞を獲得。チームの12年ぶりの優勝に貢献した。
  • 同年2月の第76回びわ湖毎日マラソンでは常に集団でレースを進めると、36.2kmの給水を取り損ねたタイミングで一気にスパート。35~40kmを14分39秒、ラスト5kmを14分23秒でカバーする驚異的な走りで、2時間04分56秒の日本新記録で優勝した[4]

自己記録・成績[編集]

自己ベスト記録[編集]

大学駅伝成績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2014年度)
第26回
神奈川大学
不参加
第46回
3区-区間9位
28分16秒
第91回
6区-区間19位
1時間02分42秒
2年生
(2015年度)
第27回
神奈川大学
不参加
第47回
1区-区間8位
43分28秒
第92回
2区-区間14位
1時間10分20秒
3年生
(2016年度)
第28回
神奈川大学
不参加
第48回
神奈川大学
不参加
第93回
2区-区間賞
1時間07分17秒
4年生
(2017年度)
第29回
不出場
第49回
8区-区間2位
57分24秒
第94回
2区-区間4位
1時間07分26秒

鈴木健吾のマラソン日本記録[編集]

5km 10km 15km 20km ハーフ 25km 30km 35km 40km ゴール
タイム 14:53 29:46 44.32 59:21 1:02:36 1:14:09 1:28:59 1:44:01 1:58:40 2:04:56
スプリット 14:53 14:53 14:46 14:49 14:48 14:50 15:02 14:39 06:16
kmあたり 2:59 2:59 2:57 2:58 2:58 2:58 3:00 2:56
通過順位 23 19 16 15 14 11 3 2 1 1
1位(または2位)とのタイム差 +0:02 +0:02 +0:01 +0:01 +0:01 +0:02 +0:00 +0:00 -0:57 -1:30
前日本記録とのタイム差 +0:20 +0:34 +0:31 +0:39 +0:36 +0:37 +0:19 +0:25 -0:11 -0:33

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
大迫傑
マラソン日本記録
2時間04分56秒
次代:
(記録保持者)