金花茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キンカチャ
Camellia chrysantha.jpg
金花茶(都立大島公園・東京都大島町)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツバキ目 Theales
: ツバキ科 Theaceae
: ツバキ属 Camellia
: キンカチャC. chrysantha
学名
Camellia chrysantha
和名
キンカチャ(金花茶)

金花茶(きんかちゃ)は、ツバキ科ツバキ属の植物で、黄花のものを指す総称。原種は中国広西壮族自治区からベトナムにかけて分布し、キンカチャ節(sect. Chrysantha)に分類する。約50種が報告され、15種以上が日本へ導入されている。

  • 金花茶(Camellia chrysantha
  • 平果金花茶(C. pingguoensis
  • 凹脈金花茶(C. impressinervis
  • 毛籽金花茶(C. ptilosperma
  • 頂生金花茶(C. terminalis
  • 扶綏金花茶(C. fusuiensis
  • 小果金花茶(C. microcarpa
  • 顕脈金花茶(C. euphlebia
  • クエホンエンシス(C. quephongensis
  • クックホンエンシス(C. cucphuongensis
  • ペテロッティ(C. petelotii
  • フラバ(C. flava
  • タムダオエンシス(C. tamdaoensis

など

参考文献[編集]

  • 箱田直紀 「黄花ツバキの系譜と育種の現状」園芸文化、3:43-69。PDF available
  • 桐野秋豊「色分け花図鑑 椿」学習研究社