金継ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金継ぎ

金継ぎ(きんつぎ)とは、割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分をによって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法である。金繕い(きんつくろい)とも言う。

概要[編集]

金継ぎは、通常5つのステップからなる。[1] [2]

  1. 破片の接着 漆そのままでは、塗った直後の接着力がないため、小麦粉を漆と水で練った麦漆を塗って接着し固化させする。
  2. 欠けの埋め 漆を厚塗りすると乾きが遅く、縮んで表面が平滑にならない為、漆に米粒・刻苧綿・木粉を混ぜた刻苧漆で欠けた部分を埋める。
  3. 凹凸の埋め 漆に砥の粉と水を加えて練った錆漆を割れに沿って塗布し、乾燥した後ヤスリ等で削って平坦にする。
  4. 下地作り 金粉の発色をよくするため、弁柄漆を割れ目に沿って塗布する。
  5. 金粉撒き 漆と継ぎ目の上から金または銀、白金などの金属粉を撒いて磨き、修復部分を美しく装飾する。 銀を用いた直しを銀継ぎ、白金を用いた直しを白金継ぎとも呼ぶ。

破片が失われている場合など、欠損の穴埋めとして異なる器の陶片を用いて継ぐことを呼び継ぎと言う。 修復された器の継ぎ目を景色と呼び、破損前とは異なる趣を鑑賞することができる。

出典[編集]

  1. ^ 播与漆行 http://urushi.jp 金継ぎ行程解説書
  2. ^ 金継ぎ図書館 http://hatoya-f.com/