金泰泳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金 泰泳
基本情報
本名 金 泰泳
通称 金ちゃん
K-1裏番長
伝説の空手王
K-1の鬼
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-07-08) 1970年7月8日(46歳)
出身地 兵庫県尼崎市
所属 正道会館
→Number.8 Workout Studio
身長 180cm
体重 84kg
階級 ミドル級
バックボーン 空手
テーマ曲 Because we can
ファットボーイ・スリム
テンプレートを表示

金 泰泳(きん たいえい、1970年7月8日 - )は、日本男性空手家キックボクサー総合格闘家兵庫県尼崎市出身。Number.8 Workout Studio所属。

在日韓国人であり、旧名はキム・テヨン(김태영、Kim Tae Young)。朝鮮大学校卒業。正道会館副館長・同尼崎支部長(四段)。また、正道会館大阪本部では総合格闘技クラスを指導していた。

K-1創成期の中心選手の1人で、フルコンタクト空手で数々のタイトルを獲得した。中量級ながら重量級の選手相手に勝利を積み重ねた。

正道会館で後進を指導する傍ら、チェ・ホンマン秋山成勲らの打撃コーチやセコンドも務めた。

来歴[編集]

幼少期[編集]

兵庫県で4人家族の長男として生まれる(弟がいる)。両親が共働きで日曜日も働いていたため、あまり親との接点はなかった。親が夜中まで家に居なかったため、幼稚園のときに親から強制的に空手の道場に入門させられる。空手は小学6年生のときに辞め、小学校4年からサッカーに興じ、中3の時には全国大会で優勝した。神戸朝鮮高校時代に海外のボクサーに憧れ、ボクシングを始めようとするも、親から猛反対され高校の空手部に入門。その後、朝鮮大学校に入学後も空手部に入門。佐藤塾の大会に出た事で、石井和義にスカウトされた。なおその大会では角田信朗に敗北。またこの敗北がきっかけで卒業後に正道会館入門を決めた。

プロデビュー[編集]

1993年1月31日東京武道館で開催された「第2回トーワ杯カラテ・ジャパン・オープン」に出場。準決勝で村上竜司に2-0の判定勝ちを収めるも、決勝で佐竹雅昭に0-3の判定負けを喫し準優勝となった[1]

同年6月25日、「聖戦〜SANCTUARY III〜 風林火山 "風の章"」のUKF世界ライトヘビー級王者決定戦に出場。チャンプア・ゲッソンリット(タイ)に判定負けし、王座獲得に失敗。

7月25日には、オーストラリア・シドニーで開催された「BATTLE OF CHAMPIONS」でリック・クルーに判定勝ちを収めた。

1994年1月30日東京武道館で開催された「第3回トーワ杯カラテ・ジャパン・オープン」に出場。決勝戦で後川聡之と対戦し、0-3の判定負けを喫し2年連続の準優勝となった[2]

最初の世界王座獲得[編集]

1994年3月4日、「K-1 CHALLENGE」のUKF世界ライトヘビー級タイトルマッチでチャンプア・ゲッソンリット(王者/タイ)と対戦。判定勝ちし、王座獲得に成功。

1995年7月16日名古屋レインボーホールで開催された「K-3 GRAND PRIX '95」に出場。決勝戦でイワン・ヒポリットに判定負けし準優勝となった。

1995年10月8日、大阪で行われた「カラテワールドカップ '95」に出場。決勝で後川聡之を下し優勝した。

2つ目の世界王座獲得[編集]

1996年3月30日タイパッタヤーで開催された「国王就任50周年記念興行」のWMTC世界ジュニアミドル級王者決定戦に出場。ワンロップ・ソー・サーッタパンに判定負けし王座獲得に失敗する。同年9月1日に行われた「K-1 REVENGE '96」でワンロップと再戦。判定勝ちし、WMTC世界ジュニアミドル級王者となった。

1997年1月5日、タイ・チャチューンサウでゴーンパッタピー・ソー・スマーリーと対戦。判定負け。

1998年3月14日マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟が主催した「最強へのバトル」に出場し、港太郎と対戦。2度のダウンを奪って判定勝ち。

引退[編集]

2000年7月30日スタン・ザ・マンを判定で破り引退。

2002年8月28日に行われたDynamite!の前にヴァンダレイ・シウバの対戦相手が公募された際に名乗りをあげるも、引退してから年数が経っていた事と、総合格闘技の経験がなかった事を理由に選ばれなかった。

現役復帰[編集]

2006年8月5日HERO'Sにおいて総合格闘技ルールで現役復帰。自らが打撃を指導した秋山成勲と対戦するも、腕ひしぎ十字固めでレフェリーストップ負け。タップをしていない金が抗議、無効試合と変更。ただし、トーナメントであるため、準決勝進出者を決定するために試合終了時までの判定が行われ、判定負けとなった。なお、ワセリンの塗布で試合前に金にイエローカード減点1を出されていた。この試合後、「完全に極まってなくて、15秒くらいすれば抜けられた。最初の一瞬入ったけどズラしたんで。秋山が伸びたって言ったらレフェリーは試合を止めた。伸びてないのに。よし、これからという時に止められたから意味わからん。自分が手を回して出来る事をアピールしたら、レフェリーはびっくりしていましたよ。なんで選手が伸びたって言ったらレフェリーは止めんのか、それに憤慨している。はっきりケリをつけるにはもう1回したい」と語った。

2006年12月31日K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!に出場し石澤常光と2度目の総合ルールで対戦。左右のローキックに続く、目線のフェイントを交えた左ハイキックで1RKO勝ちを収めた。

2007年7月16日HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦のスーパーファイトで田村潔司と対戦。本戦2R、延長1Rを戦い、3-0の判定勝ち。

2007年8月5日、K-1 WORLD GP 2007 IN HONG KONGで開催されたASIA GPへ出場。1回戦では戦闘竜にKO勝ち、準決勝では藤本祐介にKO勝ち。だが、右眼窟底骨折の疑いでドクターストップ。決勝は辞退した。

2007年10月28日韓国で開催されたHERO'S KOREA 2007ゼルグ・"弁慶"・ガレシックと対戦。試合序盤のガレシックの左ハイキックで右目まぶたをカットし流血。ドクターストップによりTKO負け。なお試合前の選手コールの際、「きんたいえい」ではなく韓国語の発音である「キムテヨン」とコールされた。

2008年4月29日DREAM.2のミドル級グランプリ1回戦でミノワマンと対戦し、判定勝ち。6月15日DREAM.4の2回戦でゼルグ・"弁慶"・ガレシックと対戦し、右肘脱臼によるTKO負け。

2009年8月2日K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL -ASIA GP-に出場し決勝まで勝ち進むも、決勝でシング・心・ジャディブに判定負けし準優勝となった。

2009年9月26日K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16のワンマッチでカタリン・モロサヌと対戦。モノサヌが1R終了10秒前の合図を終了の合図と勘違いし、気を抜いたところに右フックを放ったところ、モロサヌの反撃のパンチがラウンド終了後に当たりダウンしてしまったため、モロサヌの「故意の悪質な反則による反則」により反則勝ちとなった[3]

2009年11月22日RISE初参戦となったRISE 60でマグナム酒井と対戦し、判定勝ち。

2011年10月13日、神戸の格闘技イベント「ACCEL」と30万ドルで3年契約した。

Number.8 Workout Studioへの移籍[編集]

2012年7月31日、正道会館を退会した。

2012年12月、大阪・中津にオープンしたNumber.8 Workout Studioにてチーフトレーナーを務め、格闘技クラスのインストラクターも務める。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
7 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
4 2 0 2 0 0 0
3 2 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
戦闘竜 1R 4:01 TKO (タオル投入) HEAT16 2010年11月6日
× ゼルグ・"弁慶"・ガレシック 1R 1:05 TKO(右肘の脱臼) DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND
【ミドル級グランプリ 2回戦】
2008年6月15日
ミノワマン 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦
【ミドル級グランプリ 1回戦】
2008年4月29日
× ゼルグ・"弁慶"・ガレシック 1R 0:36 TKO(ドクターストップ) HERO'S KOREA 2007 2007年10月28日
田村潔司 延長R終了 判定3-0 HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦 2007年7月16日
石澤常光 1R 2:48 KO(左ハイキック) K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! 2006年12月31日
× 秋山成勲 1R 2:01 判定0-3 HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
【ライトヘビー級トーナメント 準々決勝】
2006年8月5日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
34 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
26 6 1 1 0
7


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
後藤龍治 3R終了時 TKO(タオル投入) ACCEL18 聖夜祭り 2011年12月25日
マグナム酒井 3R+延長R終了 判定3-0 RISE 60 2009年11月22日
カタリン・モロサヌ 2R 0:00 失格(1R終了後のパンチ) K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16 2009年9月26日
× シング・心・ジャディブ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL -ASIA GP-
【ASIA GP 決勝】
2009年8月2日
佐藤匠 3R+延長1R終了 判定2-1 K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL -ASIA GP-
【ASIA GP 準決勝】
2009年8月2日
孫武 3R 0:00 TKO(タオル投入) K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL -ASIA GP-
【ASIA GP 1回戦】
2009年8月2日
藤本祐介 2R 1:59 KO(2ノックダウン:膝蹴り) K-1 WORLD GP 2007 IN HONG KONG
【ASIA GP 準決勝】
2007年8月5日
戦闘竜 1R 1:43 KO(右ハイキック) K-1 WORLD GP 2007 IN HONG KONG
【ASIA GP 1回戦】
2007年8月5日
スタン・ザ・マン 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD GP 2000 in NAGOYA 2000年7月30日
港太郎 判定 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「最強へのバトル」 1998年3月14日
港太郎 5R終了 判定3-0 K-1 GRAND PRIX '97
【特別試合】
1997年11月9日
オーランド・ウィット 5R終了 判定2-1 K-1 FIGHT NIGHT '97 〜THE DECISION〜 1997年6月7日
× ゴーンパッタピー・ソー・スマーリー 判定 タイ 1997年1月5日
ワンロップ・ソー・サーッタパン 5R終了 判定3-0 K-1 REVENGE '96
【WMTC世界ジュニアミドル級タイトルマッチ】
1996年9月1日
アゼム・マクスタイ 5R終了 判定3-0 K-1 FIGHT NIGHT II 1996年6月2日
× ワンロップ・ソー・サーッタパン 判定 プーミポン国王就任50周年記念興行
【WMTC世界ジュニアミドル級タイトルマッチ】
1996年3月30日
ピーター・タイザー 2R 3:00 TKO(レフェリーストップ:右ストレート) K-1 HERCULES 1995年12月9日
デール・ウェスターマン 5R終了 判定3-0 K-1 REVENGE II 1995年9月3日
× イワン・ヒポリット 再延長R終了 判定1-2 K-1 LEGEND 翔
【K-3 GRAND PRIX 決勝】
1995年7月16日
オーランド・ウィット 再延長R終了 判定2-1 K-1 LEGEND 翔
【K-3 GRAND PRIX 準決勝】
1995年7月16日
グルカン・オズカン 3R終了 判定2-0 K-1 LEGEND 翔
【K-3 GRAND PRIX 1回戦】
1995年7月16日
アンドレ・メウス 5R終了 判定 K-1 FIGHT NIGHT 1995年6月10日
ベイラム・コラック 5R終了 判定1-0 K-LEAGUE オープニングファイト "見参" KENZAN 1995年3月25日
ユジュネ・バレリオ 5R終了 判定3-0 K-1 LEGEND 乱 1994年12月10日
オーランド・ウィット 4R 0:08 KO(右ハイキック) K-1 REVENGE 1994年9月18日
チャンプア・ゲッソンリット 5R終了 判定3-0 K-1 CHALLENGE
【UKF世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
1994年3月4日
× ポール・ブリッグス 1R 2:55 TKO(右跳び膝蹴り) REVENGE(メルボルン) 1993年12月5日
トミー・ラインハート 1R 2:04 KO(右ローキック) ANDY'S GLOVE 1993年11月15日
ポータイ・チョーワイクン 5R終了 判定3-0 K-1 ILLUSION 風林火山 "林の章" 1993年9月4日
リック・クルー 判定 BATTLE OF THE CHAMPIONS 1993年7月25日
× チャンプア・ゲッソンリット 5R終了 判定0-3 聖戦 〜SANCTUARY III〜 風林火山 "風の章"
【UKF世界ライトヘビー級王座決定戦】
1993年6月25日

空手[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
後川聡之 本戦終了 判定4-0 カラテワールドカップ '95
【決勝】
1995年10月8日
ムサシ 再延長R終了 判定5-0 カラテワールドカップ '95
【準決勝】
1995年10月8日
フェリックス・ナトマザ 本戦終了 判定5-0 カラテワールドカップ '95
【準々決勝】
1995年10月8日
外岡真徳 延長R終了 判定5-0 カラテワールドカップ '95
【3回戦】
1995年10月8日
× 佐竹雅昭 延長R 0:43 左上段膝蹴り カラテワールドカップ '93 風林火山 "火の章"
【準決勝】
1993年10月3日
マイケル・トンプソン 再延長R終了 体重判定 カラテワールドカップ '93 風林火山 "火の章"
【準々決勝】
1993年10月3日
玉城厚志 本戦終了 判定5-0 カラテワールドカップ '93 風林火山 "火の章"
【1回戦】
1993年10月3日
マイケル・トンプソン 再延長R終了 判定2-0 K-1 GRAND PRIX '93
【スピリットカラテルール】
1993年4月30日
和田晴朗 1R 0:59 KO(右後ろ回し蹴り) 聖戦 〜SANCTUARY I〜
【フルコンタクトカラテルール】
1993年3月30日

ミックス(空手&キック)ルール[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
マンソン・ギブソン 反則 格闘技オリンピックII 1992年7月30日

獲得タイトル[編集]

  • カラテワールドカップ 準優勝(1992年)
  • カラテワールドカップ 第3位(1993年)
  • カラテジャパンオープン 準優勝(1993年)
  • カラテジャパンオープン 準優勝(1994年)
  • カラテワールドカップ 優勝(1995年)
  • K-3 GRANDPRIX '95 準優勝(1995年)
  • UKF世界ライトヘビー級王座(1994年)
  • WMTC世界ジュニアミドル級王座(1996年)

脚注[編集]

  1. ^ 格闘技通信 1993年3月8日号 3-10、103-109頁
  2. ^ 格闘技通信 1994年3月1日増刊号 4-6頁
  3. ^ K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16 第1試合 試合レポート K-1公式サイト 2009年9月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
チャンプア・ゲッソンリット
UKF世界ライトヘビー級王者

1994年3月4日 - 不明

次王者
不明
前王者
ワンロップ・ソー・サーッタパン
WMTC世界ジュニアミドル級王者

1996年9月1日 - 不明

次王者
不明