金子美晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 美晴(かねこ みはる、1975年 - )は日本が戦時中に行った中国に対する戦争責任を追及する日本の女性政治活動家。岩手県生まれ。

中国人戦争被害者の要求を支える会事務局員。ハイナンネット事務局員。撫順の奇蹟を受け継ぐ会会員。

2000年代には特に活発に講演会や対談などを行い、戦時中に日本が中国に行った行為を非難している。『中帰連』での掲載も多い。2005年5月11日には、「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」のメンバーとして北京において、日本が過去中国に行った行為を非難する声明を発表した。

執筆記事[編集]

  • 歴史教育者協議会編『歴史地理教育』No.716(2007年7月) pp.22 - 23
  • (荒川美智代・神直子との座談記事)『自然と人間』 2006年8月号

チャイナネット http://japanese.china.org.cn/jp/archive/kangzhan/txt/2005-05/12/content_2173184.htm

「もうひとつの歴史」を考える--中国人戦後補償裁判の取り組みから (特集 日中戦争を学び直す) 掲載誌 歴史地理教育 / 歴史教育者協議会 編 (716) 2007.7 p.22~23,5