金子政次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金子 政次郎(かねこ まさじろう、明治3年(1870年)‐昭和9年(1934年))は日本版画家

来歴[編集]

東京の生まれ。本姓は奥村。狩野派を学んだ後、明治12年(1879年)頃、スモリックに師事して石版画を学ぶ。一時期、独立開業したが、明治29年(1896年)に佐久間真一の秀英舎石版部に入って石版画の指導に努めた。門人に織田東禹織田一磨がいる。享年65。

参考文献[編集]