酒井裕唯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
酒井 裕唯
基本情報
国籍 日本の旗 日本
所属 保健科学グループ
誕生日 (1987-12-07) 1987年12月7日(33歳)
出身地 長野県
 
獲得メダル
ショートトラックスピードスケート
ショートトラックスピードスケートワールドカップ
2011-12シーズン 1000m個人総合
冬季アジア大会
2011年 1000m

酒井 裕唯(さかい ゆい、1987年12月7日 - )は、日本のショートトラックスピードスケート選手。

人物[編集]

長野県出身。長野県岡谷東高等学校在学中の2005年にスピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)に初出場[1]。高校卒業後は早稲田大学に進学し、2010年バンクーバーオリンピックの500mと3000mリレーに出場し、500mは予選で敗退して17位、3000mリレーでは7位。大学卒業後は岐阜クラブに所属していた。

2011年2月1日、カザフスタンで行われたアジア冬季競技大会の女子500mで銅メダルを獲得[2]。2月20日、W杯ドイツドレスデン大会女子1000mで2位となり、初めてW杯個人種目の表彰台に登壇。

2011年10月22日に行われた2011-12シーズンW杯第1戦・アメリカ・ソルトレークシティー大会女子1000mにて初優勝を達成。W杯女子個人種目での日本人選手の優勝は史上初[3]。さらに12月3日に行われた名古屋大会女子1000mで2勝目を挙げた[4]

その後、12月11日の上海大会と2012年2月4日のモスクワ大会の女子1000mで3位に入り、2月12日の最終戦終了を以って女子1000m個人総合優勝が決定した。日本人選手のW杯種目別個人総合優勝は史上初である[5]

脚註[編集]

外部リンク[編集]