逆火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

逆火(ぎゃっか)とは、ガス火炎を使用中に火炎が火口からガスの供給側へ戻る現象[1]。機器類を破裂させることがある[1]

逆火の種類[編集]

持続性逆火[編集]

火口の先端が閉塞されたことにより、逆火と同時に火炎が滞留する現象[1]

フラッシュバック[編集]

ホースなどガス供給路に混合ガスが発生し、逆火と同時に火炎が管内を通り抜け、ガス供給元まで達する現象[1]。ホースや調整器などを破損させてしまうことがある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 逆火の種類・原因・対策”. 日本乾式安全器工業会. 2017年10月14日閲覧。