輸送タンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

輸送タンパク質(Transport protein)は、生体内で物質の移動の機能を果たすタンパク質である。輸送タンパク質は、全ての生物にとって成長に必須である。輸送タンパク質には複数の種類がある。キャリアタンパク質は、生体膜を通したイオンや小分子、他のタンパク質等の高分子の移動に関わっている[1]。キャリアタンパク質は内在性膜タンパク質で膜内に存在し、ここを通して物質を移動させる。タンパク質は、促進拡散または能動輸送で物質の移動を助けていると考えられている。それぞれのキャリアタンパク質は、たった1つの物質かよく似た1群の物質のみを認識するように設計されている。研究によって、特定のキャリアタンパク質と特定の病気が関連付けられている[2]膜輸送体は、このようなキャリアとして働く膜タンパク質である[3]

小胞輸送タンパク質は膜タンパク質で、小胞による細胞内の輸送を制御または手助けする[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Sadava, David, et al. Life, the Science of Biology, 9th Edition. Macmillan Publishers, 2009. ISBN 1-4292-1962-9. pg 119.
  2. ^ Sadava, David, Et al. Life, the Science of Biology, 9th Edition. Macmillan Publishers, 2009. ISBN 1-4292-1962-9. pg 119.
  3. ^ Membrane transport proteins - MeSH米国国立医学図書館、生命科学用語シソーラス (英語サイト)
  4. ^ Vesicular Transport Proteins - MeSH米国国立医学図書館、生命科学用語シソーラス (英語サイト)