足売りばあさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

足売りばあさん(あしうりばあさん)は学校の怪談都市伝説の一種。足売りババアともいう[1][2]

概要[編集]

大きな風呂敷包みを背負い、下校路などに出現する。通りかかる者に「足いらんかえ?」と尋ね、「いいえ」と答えれば、怪力で足をもぎ取られ、「はい」と答えれば、余分な足を1本付けられる、というもの[1]

「はい」「いいえ」どちらの返答でも不幸な結末を迎えることになり、唯一助かる方法は「私はいらないので、○○のところへ行ってください」と答えることだという[1]。荷車を引きながら、学校の4階のトイレなどに出現するという説もある[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 松山ひろし 『3本足のリカちゃん人形』 イースト・プレス2003年、34-36頁。ISBN 978-4-87257-410-4
  2. ^ a b 一柳広孝監修 『知っておきたい世界の幽霊・妖怪・都市伝説』 西東社〈なるほど!BOOK〉、2008年、172頁。ISBN 978-4-7916-1568-1