越後流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

越後流(えちごりゅう) / 謙信流(けんしんりゅう)は、上杉謙信に由来する兵法軍学の流派。 越後流軍学、越後流兵法、謙信流軍学などと言われる。

概要[編集]

上杉謙信の元にいた宇佐美良勝加治景英らの兵法を元に、沢崎景実が編み出した兵法の流派。沢崎景実は山形藩時代に加治景英の子孫・加治景明について「要門軍礼」「武者帯」など「景英捨書」の兵法学を習得。その後、米沢に移り、上杉家法を研究、江戸に出て同門の高松正朝の援助にて本郷で、越後流を講義した。[1] 越後流の兵法思想は「武門要鑑抄」にある。「磨心立極」「等格部提」「勝負必究」「現行成就」の四部門に分け、不敗不死を要門の達徳とし、鍛錬に精うして勝負になづむことなきを要門の至徳とした。衆生済度や慈悲に根差した仏教思想を、武法体得の中に取り入れているのが特徴である。[2]

主な越後流学者[編集]

佐久間正春、佐久間景忠、長谷川景重、依田英信、武藤永重、高松正朝、高山健貞、窪田清音山下幸内山脇治右衛門

参考文献[編集]

・日本兵法史 石岡久夫 - 雄山閣, 1972 第七章越後流兵法
・越後流兵法:謙信流兵法 有馬成甫 新人物往来社, 1969
・軍事史学 第 7 巻 P26 錦正社, 1971
・石岡久夫「兵法者の生活」(雄山閣出版)第3章

脚注[編集]

  1. ^ 越後流兵法:謙信流兵法
  2. ^ 兵法者の生活P166