貞懿皇后 (金)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

貞懿皇后(ていいこうごう、1094年 - 1161年)は、世宗の母。漢姓李 洪願(り こうがん)。

生涯[編集]

渤海貴族の李雛訛只の娘。天輔年間、完顔宗輔の側室となった。美しく賢明であった。

天会13年(1135年)に夫が亡くなると、再婚を拒否し、出家した。通慧円明大師と号し、紫衣を賜って東京(遼陽)に帰った。東京では清安禅寺を建て、垂慶寺を営んで住んだ。正隆6年(1161年)5月、入寂した。同年に世宗が即位すると、「貞懿皇后」と贈号し、仏塔を建立して供養が行われた。

子女[編集]

  • 完顔烏禄(世宗)

伝記資料[編集]

  • 金史
  • 『通慧円明大師塔銘』