計算機化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

計算機化学 (けいさんきかがく、computer chemistry) とは、計算機を使って化学の問題を取り扱う、化学の一分野である。

一般に、計算機化学と呼ばれるのは、コンピュータを使って次のようなことをする場合である。

  1. 原子分子分子集団電子状態の計算。→分子軌道法
  2. 原子・分子・分子集団のコンピュータ・シミュレーション。→分子動力学法モンテカルロ法
  3. データベースの利用。
  4. その他。分子構造の可視化、等。

いずれも、近年のコンピュータの発達によって可能となった。 分子設計、材料設計、薬物設計、機能設計といったことに応用されている。 生命現象の原子・分子レベルからの理論的解明へ期待が持たれている。

似た言葉に計算化学がある。 これは、計算機化学と同じ意味として使用されることがあるが、計算化学と呼ばれるのは上記の1,2を行う場合であり、さらに計算機を使用しない場合も含まれる。

関連項目[編集]