西田晴夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西田晴夫(にしだ はれお、1950年4月 - 2011年3月4日)は大阪府生まれの相場師

概要[編集]

「最後の大物仕手筋」と呼ばれた、いわゆる相場師である。西田グループの扱う株は「N銘柄」「西田銘柄」といわれ、証券市場を騒がせ続けた。

そんな西田の経歴は謎に包まれている部分が多く、1973~1987年まで大阪府守口市で市職員として働きながら株取引を覚えたようだが、相場師として活動するようになってからは、水面下で仕手戦の指揮を執り証券口座さえ自身のものを使わなかった。

特に有名なのは、1999年にダイアモンド卸売の宝林(現在のサハダイヤモンド)の株を大量に入手し、私募CBを発行するなどの方法で株価を100円台から2500円にまで急騰させた事件である[1]

無類の女好きとしても知られ、口説き落とした愛人にマンションを買い与えたうえ法外な生活費を渡すなど羽振りのよさでも知られていた。

2007年10月、英会話教室NOVA(猿橋望前社長当時)の第三者割当増資(新株予約権)に絡み、西田晴夫の暗躍が取りざたされたが、この増資計画発表から2日後、西田は別の株価操作容疑で逮捕されたため真相は定かでない[2]

逮捕[編集]

2007年10月12日、旧南野建設(現アジアゲートホールディングス)が02年11月に実施した約12億4千万円の第三者割当増資(新株予約権)発行に関連し、同年11月~12月にかけて仮装売買を繰り返し株価を操作した金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で大阪地検特捜部に逮捕された。

晩年[編集]

公判中に持病の糖尿病が悪化して脳梗塞を発症し、最後の2年は植物状態だった。2010年4月に控訴棄却。2011年に死去した時には親族はだれも遺体を引き取らず、数人の投資家が荼毘に付して埋葬したという[1]

参考文献[編集]

  • 読売新聞   2007年10月20日朝刊
  • 敬天新聞   2007年10月13日オンライン版
  • 産経ニュース 2007年10月13日オンライン版

書籍[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 株と女の「口説き魔」西田晴夫ついに死すFACTA2011年6月号、2014年9月5日閲覧
  2. ^ 【真相レポート】NOVA64億円増資に西田晴夫グループは関与していない!!