衣紋掛け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg

衣紋掛け(衣紋掛、えもんかけ)とは、衣服の袖に短い棒を通し、その棒を紐でつるして干す道具[1]。衣類用のハンガーと同義だが、特に和服用のハンガーを指す場合がある。また、これとは別に、衣桁(いこう)のことを衣紋掛けと呼ぶこともある。[1]

衣紋掛け[編集]

衣紋掛けは広く衣類用のハンガー全般を指す。特に和服用の衣紋掛けは、割竹や矢竹などの細い丸竹を材料とし、その中央部に穴を開けて紐を通して一点で吊るすようにしたものである[2]。衣服に通す直線状の棒の長さは、一般的な洋服用のハンガーの倍程度である。

衣紋棹」あるいは「衣紋竹」と呼ばれることもある[2]

衣桁[編集]

衣桁(衝立式)

衣桁(いこう)とは、着物を掛けておくために用いる、鳥居のような形をした家具をいう。1枚の衝立式のものと、中央の蝶番で2枚に折りたたむ屏風式のもの(衣桁屏風)とがある[3]。高さは2mほどで、和室の隅に置く。黒や朱の塗りのもの、また蒔絵を施したもの、帽子掛けが付けられたものもある。古くは「衣架(いか)」などと称した。

衣桁は室内装飾を兼ね、着物をかけて「衣桁飾り」とすることもあり、その様子は「誰が袖図屏風」の画題となっている[4]

「誰が袖図屏風」(メトロポリタン美術館蔵)に描かれた衣桁


脚注[編集]

関連項目[編集]