血球計算盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
血球計算盤(ノイバウエル盤)

血球計算盤(けっきゅうけいさんばん)とは、赤血球白血球精子培養細胞などの細胞の数を計測できる実験器具。しばしば「血球計算版」と誤記される。

構造と使用方法[編集]

血球計算盤の計算室の横断面
下部が計算盤の横断面。その中央部の凸状部分が計算室である。上にあるカバーグラスの間に被計数物を含んだ溶液を満たして、数を測定する。

構造は、スライドガラスにマイクロメートル単位の目盛りとカバーグラスとの隙間から成り立っている。そのため、目盛り面とカバーグラスの間に一定の空間ができる。この空間を計算室と呼ぶ。その計算室内にある細胞の数を顕微鏡で数えることによって、統計的に細胞濃度などを推定する。

種類[編集]

血球計算盤には、目盛りの刻まれ方と計算室の深さによっていくつかの種類がある。

  • トーマ盤
  • ビルケルチュルク盤
  • 改良ノイバウエル盤
  • フックスローゼンタール盤

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • [1] 血球計算盤の種類の比較