藤波家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤波家
No image available.svg
ゆきささ
雪笹
本姓 大中臣朝臣嫡流
家祖 中臣常磐
種別 公家半家
華族子爵
出身地 伊勢国度会郡藤波
主な根拠地 伊勢国度会郡藤波
山城国
著名な人物 藤波教忠
藤波言忠
凡例 / Category:日本の氏族

藤波家(ふじなみけ)は大中臣氏の末裔である堂上家である。



解説[編集]

欽明天皇から中臣連の賜姓を受けた中臣常磐を家祖とする[1]大中臣氏は代々伊勢祭主および神祇大副世襲した。江戸時代藤波種忠官位従五位下に留まり地下人(じげ)に転落し、その子の藤波友忠は再び堂上家に復帰するが1653年承応2年)に後光明天皇の勅勘を蒙り佐渡流罪となった[2]。友忠の子の藤波景忠正二位神祇大副1647年 - 1727年)の代に家名を藤波に確定する。

家格半家。子孫は引き続き伊勢祭主及び神祇大副世襲する。

江戸時代家禄は172。他に祭主料666石余。幕末藤波教忠従二位神祇大副1823年 - 1891年)は、日米修好通商条約締結に反対し、「廷臣八十八卿列参事件」に参加した公卿の一人であった。

明治時代以降は華族となって言忠子爵が授けられた。青山霊園に言忠以降の墓がある。

系譜[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の藤波家領は以下の通り。(4村・172石1斗7升9合)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『大中臣祭主 藤波家の歴史』1頁。
  2. ^ 佐渡市指定 民俗文化財:藤波友忠奉納絵馬[佐渡の文化財] (日本語) - 佐渡市産業観光部世界遺産推進課文化財室 2017年10月4日閲覧
  3. ^ 当初、梅渓通条の養子。後に千種有敬の養嗣子として千種家の名跡を相続。
  4. ^ 冷泉宗家の2男。
  5. ^ 広橋胤保の2男。
  6. ^ 松平茂昭の5男。

参考文献[編集]

関連項目[編集]